BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
ビューティフルネーム
呼びかけよう名前を すばらしい名前を♪
▼ビューティフルネーム
作詞・良橋陽子&伊藤アキラ
作曲・タケカワユキヒデ/唄・ゴダイゴ
キムコとプリティ/1970年代
手と足にプリティ〜♪

商品は有名なのに、メーカーや販売元は?と聞かれると答えられないモノがある。独自の機能がウリでCMで企業ブランドを訴える必要がない、もしくはブランドに訴求力が無い場合だ。

角質除去クリーム『プリティ』は現在、小林製薬の商品だが、えっ?ジョンソン&ジョンソンじゃなかったっけ?と思う人もいるだろう。私は発売当初の1974年に試供品を使ったこともあるのに、ずっとそう思っていた。

販売元はアメリカンドラッグ・コーポレーションで、後にホワイトホール・ジャパンとなり、2000年に小林製薬が親会社のアメリカンホームプロダクツ(現・ワイス)から買収している。

同時に移籍したのが冷蔵庫用脱臭剤の『キムコ』で、これも販売元が前面に出ない代表だ。同世代なら、『キムコ』=椰子殻活性炭、大型にはキムコ・ジャイアント!というフレーズがDNAに刻み込まれているだろう。

『キムコ』のTVCMが流れ始めたのは1960年代末だったと思う。家庭用冷蔵庫の普及率が50%を超えたのが1965年で、氷のいらない氷まくら『アイスノン』や『キムコ』のライバル『ノンスメル』が登場した。

『キムコ』は『ノンスメル』と比べると、いかにもアメリカからやってきたという風情があって、気分は『奥さまは魔女』のGEの冷蔵庫。隅に置ける三角柱なのも、今風にいえば「グッジョブ!」だった。

ところが、本場だと信じていた米国では、この手の脱臭剤は売られていないらしい。現販売元の小林製薬のサイトでは後妻の連れ子?には冷たく、由来については触れていない。

想像だが、欧米では冷蔵庫に漬け物、納豆等の発酵食品、干物や生魚等を入れることが無く、乳製品と食肉の匂いが共存したところで問題にならないか、気にしないのではないか? 日本では冷凍室や2ドアの普及以前に消臭剤が定着したのだろう。

では、『キムコ』はどこからやって来たのか?  商標登録出願は発売の1958年で、名前の由来は日本で発売する際に「ミスユニバース世界三位になった伊東絹子」にちなんだいう説もあるが、海外で実績のあった商品なら、日本向けにわざわざ意味不明の名前をつけた意図は謎だ。
▼初期のキムコ
キムコ
*記憶を元にした再現画像


▼プリティ
手と足にプリティ
商品情報>>


▼ビューティフルネーム・目次
イーデス・ハンソンと太郎鯉
ナショナルと泉大助
ルマンドとシャルマン
敏いとうとハッピー&ブルー
ウォルサム・バキューム
ネッシーとキットカット
キムコとプリティ
ハイセイコーと藤正樹
デラックスとドルックス
マスプロアンテナと青江三奈
ドレッサーとルーネット
UFOとインベーダー
シャンメンと佐藤祐介
バンバンとビリー・バンバン
ビーバー
さなえと桜田淳子
ケロヨン
行川アイランド
帝人パピリオ
ニューコンビーフ
ホワイトデー
4126 ハトヤ
イェイェ
いの一番
マックスウェルとタニヤ・タッカー
パブリカとCの法則
ビッグリーグガム
クックドゥとホイコーロー
ルックチョコレート
キヨスク
クォーターパウンダー
ウィルキンソンとバヤリース
16文キック
ちり紙交換
ヴィールス
ミニバーグ
パンケーキ
フクバ ホーキー

色にまつわる昭和CM史>>
昭和のエッセイ集・トップページ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001